事業案内事務所案内ATM案内

出荷規格・栽培管理を確認

平成29年度JAてんどうサクランボ目揃会・着色管理講習会

本格的なサクランボ出荷を前に当JAは6月8日、規格などを確認するための目揃会を市内3つの集荷拠点センターで行いました。

延べ5回にわたって行われた目揃会には生産者やJA全農山形、JAの役職員ら約500人が参加。金平芳己代表理事組合長は「丹精込めたサクランボを高値販売に取り組み、値決め販売を含めいろいろな販売戦略を準備していますので、農協への出荷をお願いいたします。農作業事故に注意して今後の着色管理、収穫を行ってほしい」と挨拶しました。

その後、JAの担当者が出荷形態、着色による格付けなどを説明。全農の担当者からは「労働力確保が厳しい中ですが、品質管理・出荷規格を守って頂き天童産のブランド確保、6月中にどれだけよいものを出荷できるかが重要」などといった出荷のポイントが生産者に伝えられました。また、着色管理講習会も市内の2園地で行われ、県の担当者から@葉つみは最小限に行うA少量・多回数のかん水を行う(高温対策)B着色期以降に摘果した果実は園地に放置しない(ショウジョウバエ対策)など管理面で注意すべきことが、実演を交えながら説明されました。

  

天童市農業協同組合 〒994-0013 山形県天童市老野森2-1-1TEL.023-653-5111(代) FAX.023-653-5167

                                              COPYRIGHT (C) 2012 JA Tendo ALL RIGHTS RESER